成功するISO

ISO14001:2015「10.3 継続的改善」の解説【改訂版】

ISO14001:2015 10.3 継続的改善

 組織は、環境パフォーマンスを向上させるために、環境マネジメントシステムの適切性、妥当性及び及び有効性を継続的に改善しなければならない。

※ 濃い青文字は新規で追加になった項目

>>ISO14001:2015 環境マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版環境マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

解 説

2015年版では、「環境パフォーマンスの向上」というワードがいたるところに出現します。環境負荷を低減させて、環境保全に寄与した実績が強く求められています。

環境マネジメントシステムをよりよい仕組みに改善していくことで、環境負荷の低減や環境保全を図るという趣旨です。

【2017年12月4日 更新】
>>ISO14001:2015 要求事項の解説へ戻る
>>ISO14001:2015 環境マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版環境マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

このページの先頭へ