成功するISO

ISO9001:2015「4.1 組織及びその状況の理解」の解説 【改訂版】

ISO9001:2015 4 組織の状況
4.1 組織及びその状況の理解

 組織は、組織の目的及びその戦略的な方向性に関連し、その品質マネジメントシステムの意図した結果を達成する組織の能力に影響を与える、外部及び内部の課題を明確にしなければならない。

 組織は、これらの外部及び内部の課題に関する情報を監視し、レビューしなければならない。

注記 1  課題には、検討の対象となる、好ましい要因又は状態、及び好ましくない要員又は状態が含まれ得る。

注記 2  外部の状況の理解は、国際、国内、地方又は地域を問わず、法令、技術、競争、市場、文化、社会及び経済の環境から生じる課題を検討することによって容易になり得る。

注記 3  内部の状況の理解は、組織の価値観、文化、知識及びパフォーマンスに関する課題を検討することによって容易になり得る。

※ 濃い青文字は新規で追加された項目

>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

解 説

「自社の経営環境や経営課題を踏まえたうえで、品質マネジメントシステムを作って、運用してね」という主旨です。すでに2000年版から序文の最初の方に、似たような内容が書かれていたんですが、放っておくと、だれも読まないし、そんなことあまり意識しないので、要求事項化したのでしょう。

まず、最初に自社の課題を明確にすることを規格は求めています。
不思議なもので、ヒトは、問題や課題が明確になると、それを解決したくなるものです。

課題を解決する手段として、品質マネジメントシステムを構築してもらいたいわけです。うわべだけの品質マネジメントシステムを防止する意味合いもあります。

“外部及び内部の課題”とは、例えば、
「競合他社があんな新商品を出した」「市場では〇〇機能が付いた商品が流行ってる」「○○分野で補助金制度が創設されるそうだ」「あの新技術はウチのこの商品に応用できそうだ」「多くの熟練工が来期定年退職だ」「工場の設備が老朽化している」「中堅社員が戦力化していない」…
といったことです。

つまり、普段の経営会議やマネージャー会議のような場で議題に上るようなことです。
そして、これらはその対策も含めて、経営計画や事業計画、アクションプランといったものに落とし込まれます。

ですから、特に新しいことをする必要はありません。
審査員に「外部、内部の課題にはどんなものがありますか?」と聞かれたら、「ここに書いてありますよ」と、これらの計画書を見せてあげれば、それで事足ります。

“決定”“監視”“レビュー”なんて言われると、台帳をこしらえて、そこに内外の課題を登録して、定期的に見直し…とかやりたくなりますが、早まらないでくださいね。文書化の要求はありませんので。

【2016年8月26日 更新】
>>ISO9001:2015 要求事項の解説へ戻る
>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

このページの先頭へ