成功するISO

ISO9001:2015「4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解」の解説 【改訂版】

ISO9001:2015 4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解

 次の事項は、顧客要求事項及び適用される法令・規制要求事項を満たした製品及びサービスを一貫して提供する組織の能力に影響又は潜在的影響を与えるため、組織は、これらを明確にしなければならない。

a) 品質マネジメントシステムに密接に関連する利害関係者

b) 品質マネジメントシステムに密接に関連するそれらの利害関係者の要求事項

 組織は、これらの利害関係者及びその関連する要求事項に関する情報を監視し、レビューしなければならない。

※ 濃い青文字は新規で追加になった項目

>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

解 説

“品質マネジメントシステムに関連する利害関係者”とは誰でしょう?

前段にあるように、“顧客要求事項及び適用される法令・規制要求事項”を突き付けてくる人たち、つまり、顧客、行政、所属業界団体などです。

“品質マネジメントシステムに関連する”という点に注目すると、仕入先や外注先、社員も利害関係者に含まれ得ます。

どの立場の人たちまでを利害関係者に含めるかは、彼らから寄せられる“ニーズ及び期待”の大きさと重要性を勘案して決めればよいと思います。

“要求事項に関する情報を監視し、レビュー”する方法は、前項で述べた通り、役員会議やマネージャー会議といった会議体や既存の仕組みを活用するとよいでしょう。マネジメントレビューを使っても構いません。

この「4 組織の状況」は、ISO以前に企業経営の根幹に関わる部分ですので、トップマネジメントが積極的に関与すべき項目です。

今回の改訂では、「4 組織の状況」及び「5 リーダーシップ」において、トップマネジメントの役割が大幅に増強されています。 審査の場でも、トップマネジメントへのインタビューには、以前よりも多くの時間が割かれることが予想されます。

だからというわけではありませんが、トップマネジメントは、この改訂を機に自社のISO9001の目的やこれまでの成果をしっかり振り返った上で、今後ISO9001で何を実現したいのか整理しておきましょう。

【2016年8月27日 更新】
>>ISO9001:2015 要求事項の解説へ戻る
>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

このページの先頭へ