成功するISO

ISO9001:2015「5.1 リーダーシップ及びコミットメント」の解説 【改訂版】

5 リーダーシップ / 5.1 リーダーシップ及びコミットメント
5.1.1 一般

 トップマネジメントは、次に示す事項によって、品質マネジメントシステムに関するリーダーシップ及びコミットメントを実証しなければならない。

a) 品質マネジメントシステムの有効性に説明責任(accountability)を負う。

b) 品質マネジメントシステムに関する品質方針及び品質目標を確立し、それらが組織の状況及び戦略的な方向性と両立することを確実にする
c) 組織の事業プロセスへの品質マネジメントシステム要求事項の統合を確実にする
d) プロセスアプローチ及びリスクに基づく考え方の利用を促進する。

e) 品質マネジメントシステムに必要な資源が利用可能であることを確実にする
f) 有効な品質マネジメント及び品質マネジメントシステム要求事項への適合の重要性を伝達する。
g) 品質マネジメントシステムがその意図した結果を達成することを確実にする
h) 品質マネジメントシステムの有効性に寄与するよう人々を積極的に参加させ、指揮し、支援する。
i) 改善を促進する。
j) その他の関連する管理層がその責任の領域においてリーダーシップを実証するよう、管理層の役割を支援する。

注記 この規格で“事業”という場合、それは、組織が公的か私的か、営利か非営利かを問わず、組織の存在の目的の中核となる活動という広義の意味で解釈され得る。

※ 濃い青文字は新規で追加になった項目

>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

解 説

ISO9001:2008「5.1 経営者のコミットメント」に該当。

経営層の品質マネジメントシステムへの関与が強く求められています。具体的な役割が列挙されています。2008年版よりも項目が増えています。

ちなみに、“~を確実にする”とは、「(トップの責任の下)確実に~する体制が敷かれている」という意味で、必ずしもトップマネジメント自ら実施しなくても構いません。逆に、それ以外の項目はトップマネジメントの役目です。

c)は、自社の活動、仕事のやり方や業務フローに、ぴったりフィットする品質マネジメントシステムを構築してねという意味です。他所のマニュアルを借りてきて、ちょちょいと直したようなマニュアルではいけません。

a)に“説明責任を負う”とあります。審査では、トップマネジメント自身の言葉で語る必要があります。f),h),i),j)についても、具体的にどのように実施しているかきちんと答えられるようにしておきましょう。


5 リーダーシップ / 5.1 リーダーシップ及びコミットメント
5.1.2 顧客重視

 トップマネジメントは、次の事項を確実にすることによって、顧客重視に関するリーダーシップ及びコミットメントを実証しなければならない

a) 顧客要求事項及び適用される法令・規制要求事項を明確にし、理解し、一貫してそれを満たしている。
b) 製品及びサービスの適合並びに顧客満足を向上させる能力に影響を与え得る、リスク及び機会を決定し、取り組んでいる。
c) 顧客満足向上の重視が維持されている。

※ 濃い青文字は新規で追加になった項目

解 説

ISO9001:2008「5.2 顧客重視」に該当。

前項と同様、この項目も2008年版と比較して、トップマネジメントに踏み込んだ役割を要求しています。

顧客要求事項や法令・規制要求事項を従業員に守らせる上でトップとして気を付けていること、リスクに対処した代表的な事例については、トップマネジメント自身が答えられるようにしておきましょう。

【2016年9月6日 更新】
>>ISO9001:2015 要求事項の解説へ戻る
>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

このページの先頭へ