ISO9001:2015「5.1 リーダーシップ及びコミットメント」の解説 【改訂3版】

5 リーダーシップ / 5.1 リーダーシップ及びコミットメント
5.1.1 一般

トップマネジメントは、次に示す事項によって、品質マネジメントシステムに関するリーダーシップ及びコミットメントを実証しなければならない。
a) 品質マネジメントシステムの有効性に説明責任を負う。
b) 品質マネジメントシステムに関する品質方針及び品質目標を確立し、それらが組織の状況及び戦略的な方向性と両立することを確実にする。
c) 組織の事業プロセスへの品質マネジメントシステム要求事項の統合を確実にする。
d) プロセスアプローチ及びリスクに基づく考え方の利用を促進する。
e) 品質マネジメントシステムに必要な資源が利用可能であることを確実にする。
f) 有効な品質マネジメント及び品質マネジメントシステム要求事項への適合の重要性を伝達する。
g) 品質マネジメントシステムがその意図した結果を達成することを確実にする。
h) 品質マネジメントシステムの有効性に寄与するよう人々を積極的に参加させ、指揮し、支援する。
i) 改善を促進する。
j) その他の関連する管理層がその責任の領域においてリーダーシップを実証するよう、管理層の役割を支援する。

>>ISO9001取得のポイント解説へ戻る
>>その他ISO9001に関する情報は、こちら
>>ISO9001に関するお問い合わせは、こちら

解 説

「トップマネジメント」は、品質マネジメントシステムにおける最高責任者のことです。社長もしくは役員クラスが適任でしょう。複数名でも構いません。工場単位で取得する際は工場長ということもあります。

トップマネジメントが品質マネジメントシステムに関与することが強く求められています。
a)~j)に、トップマネジメントの具体的な役割が列挙されています。

ちなみに、「~を確実にする」とは、“(トップマネジメントの責任の下)確実に~する体制が敷かれている”という意味で、必ずしもトップマネジメント自ら実施しなくても構いません。逆に、それ以外の項目はトップマネジメントの役目です。

a)に、「~説明責任を負う」とあります。審査では、この5.1項については、必ずトップマネジメントがインタビューを受けます。ISO9001を取得しようと思った理由、ISO9001で何を実現したいのかといった点は整理しておきましょう。

c)は、“自社の活動、仕事のやり方や業務フローに、ぴったりフィットする品質マネジメントシステムを構築してね”という意味です。他所のマニュアルを借りてきて、ちょちょいと直したようなマニュアルではいけません。

ISO9001取得のポイント

【必要な仕組み・ルール】
・トップマネジメントを、誰が担当するのか決めておきましょう。
・a)~j)をトップマネジメントの役割として、品質マニュアル等に明記しておきましょう。

実際のところ、審査では、審査員との世間話のような会話の中で、a)~j)を確認されますので、それほど構えて審査を受ける必要はありません。

【品質マニュアルの記載例】
“社長は、次の事項を実行することで、品質マネジメントシステムに対するリーダーシップを発揮し、最終責任を負う。
a)品質マネジメントシステムが効果を上げているかについて説明責任を果たす。
b)当社の状況(4.)及び経営戦略に合致する品質方針や品質目標を設定する体制を敷く。
c) 当社の業務や活動とISO9001で求められているルールのひも付けを行い、実際の業務とISOの業務が別々のものにならないような体制を敷く。
…(以下、省略)”

d)以降は、こちらからお問い合わせくだされば、喜んでお答えします。

5 リーダーシップ / 5.1 リーダーシップ及びコミットメント
5.1.2 顧客重視

トップマネジメントは、次の事項を確実にすることによって、顧客重視に関するリーダーシップ及びコミットメントを実証しなければならない。
a) 顧客要求事項及び適用される法令・規制要求事項を明確にし、理解し、一貫してそれを満たしている。
b) 製品及びサービスの適合並びに顧客満足を向上させる能力に影響を与え得る、リスク及び機会を決定し、取り組んでいる。
c) 顧客満足向上の重視が維持されている。

解 説

前項と同様、トップマネジメントに顧客重視に関わる役割を要求しています。

顧客要求事項や法令・規制要求事項を従業員に守らせる上でトップとして気を付けていること、品質上のリスクに対処した代表的な事例については、トップマネジメント自身が答えられるようにしておきましょう。

ISO9001取得のポイント

【必要な仕組み・ルール】
・a)~c)をトップマネジメントの役割として、品質マニュアル等に明記しておきましょう。

前項同様、審査では、審査員との世間話のような会話の中で、a)~c)を確認されますので、それほど構えて審査を受ける必要はありません。

【品質マニュアルの記載例】
“社長は、次の事項を実行することで、顧客重視に対するリーダーシップを発揮し、最終責任を負う。
a)顧客の要望や関係する法律を担当者が周知し順守できる社内体制を敷く。
…(以下、省略)”

d)以降は、こちらからお問い合わせくだされば、喜んでお答えします。

>>ISO9001取得のポイント解説へ戻る
>>その他ISO9001に関する情報は、こちら
>>ISO9001に関するお問い合わせは、こちら