成功するISO

ISO9001:2015「5.3 組織の役割、責任及び権限」の解説【改訂版】

ISO9001:2015 5.3 組織の役割、責任及び権限

 トップマネジメントは、関連する役割に対して、責任及び権限が割り当てられ、組織内に伝達され、理解されることを確実にしなければならない。

 トップマネジメントは、次の事項に対して、責任及び権限を割り当てなければならない。
a) 品質マネジメントシステムが、この規格の要求事項に適合することを確実にする。
b) プロセスが、意図したアウトプットを生み出すことを確実にする。
c) 品質マネジメントシステムのパフォーマンス及び改善の機会を特にトップマネジメントに報告する。
d) 組織全体にわたって、顧客重視を促進することを確実にする。
e) 品質マネジメントシステムの変更を計画し、実施する場合には、品質マネジメントシステムを“完全に整っている状態”(integrity)に維持することを確実にする。
※ 濃い青文字は新規で追加になった項目

>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

解 説

ISO9001:2008「5.5.1 責任及び権限」「5.5.2 管理責任者」「5.4.2 品質マネジメントシステムの計画 b)項」に該当。

2008年版「組織全体に周知されていること」→2015年版「組織内に伝達し、理解すること」に拡大。責任及び権限を社員にしっかり理解させることが求められています。

2008年版では、b)~d)の(内容に類似した)項目の担い手として「管理責任者」の任命が求められていましたが、2015年版では削除されました。これまで通り「管理責任者」に任せても結構ですし、他の管理職も含めてa)~e)を分担させるといったことも可能です。

あくまで、私見ですが、プロセス=業務と考えますと、
b)は、営業なら営業、製造なら製造のお仕事が、本来目的とする成果を獲得できるようにすると読み替えることが可能です。ということは、b)は、管理責任者よりも、各部門長に割り当てたほうが自然でしょう。

“責任及び権限を割り当てる”とは、役割分担するという意味ではありません。単に役割分担しただけでは、責任の押し付けになってしまいます。しっかり“権限”を与えてください。上記a)~e)がしっかり遂行できるよう、フォローするのがトップマネジメントの役目です。【 5.1.1 k)項参照】

【2017年7月26日 更新】
>>ISO9001:2015 要求事項の解説へ戻る
>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

このページの先頭へ