ISO9001:2015 7.3 認識

 組織は、組織の管理下で働く人々が、次の事項に関して認識をもつことを確実にしなければならない。

a) 品質方針
b) 関連する品質目標
c) パフォーマンスの向上によって得られる便益を含む、品質マネジメントシステムの有効性
に対する自らの貢献
d) 品質マネジメントシステム要求事項に適合しないことの意味

※ 濃い青文字は新規で追加になった項目

>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

解 説

ISO9001:2008「6.2.2 力量、教育・訓練及び認識」d)項に該当。

“組織の管理下で働く人々”には、外注業者も含まれます。

品質方針の認識というのは、品質方針を暗記したり、そのコピーを持ち歩いたりすることではありません。品質方針の実現のために、自分が何をすべきかを認識することです。

“品質パフォーマンスの向上によって得られる便益”には、品質の安定(不良品率の減少、歩留まり向上、バラつきの減少等)、作業ミスや手戻りの減少、…etc といったことが含まれます。

“品質マネジメントシステム要求事項に適合しないことの意味”とは、品質マニュアルや規定で定めたルールや手順を守らないと、どんな結果に陥るかということです。上記とは真逆の事態、つまり、品質上の重大事故をもたらし、社会的信用の失墜にもつながり得るといったことをしっかり認識させることを要求しています。

【2017年8月22日 更新】
>>ISO9001:2015 要求事項の解説へ戻る
>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内