成功するISO

ISOは役に立たないって、本当ですか?

ISOが役に立つか、立たないかは、その会社さんのお考え次第でしょう。


「ISOは書類ばかり増えて、クソの役にも立たん!」という話を耳にします。


でも、その役に立たない仕組みを作ったのは当のご自分達です。


おかしな指導をしたコンサルタントをクビにしても、最終的にご自分達で責任を取らなければいけないのです。その仕組みを使うのはご自分達だからです。


役に立たない仕組みをそのまま使っているのは、作り直すのが面倒だからではありませんか?そうであれば、怠慢以外の何者でもありません。


どうやら、ISOを導入すると、必然的に、自動的に、仕事が改善されたり、環境に与える負荷が減ったりするという誤解があるようです。


ISOは、魔法のステッキではありません。


仕組みを作るのも“人”、仕組みを動かすのも“人”なのです。


経営トップが、「ISOでウチの会社を~にしたいんだ!」という強い欲求を持ち、管理者層がそれを実現すべく部下を教育し、現場の社員がその気になって仕事をしなければ、仕組みはうまく機能しないのです。


取得することだけが目的だと、遅かれ早かれ行き詰まります。ISOがお荷物になってしまいます。


そうならないためにも、まず、自社の“あるべき姿”を明確にすることから始めなければなりません。ISOは、それを実現するための道具にすぎないのですから。


<<ISO9001相談室へ戻る  <<ISO14001相談室に戻る  <<ISO27001相談室に戻る


>>ISOに関するお問い合わせはこちらから。

このページの先頭へ