成功するISO

ISO9001:2015「5.2 品質方針」の解説【改訂版】

ISO9001:2015 5.2 品質方針

5.2.1 品質方針の確立
トップマネジメントは、次の事項を満たす品質方針を確立し、レビューし、維持しなければならない。
a) 組織の目的及び状況に対して適切であり、組織の戦略的な方向性を支援する
b) 品質目標の設定及びレビューのための枠組みを示す。
c) 適用される要求事項を満たすことへのコミットメントを含む。
d) 品質マネジメントシステムの継続的改善へのコミットメントを含む。

5.2.2 品質方針の伝達
 品質方針は、次に示す事項を満たさなければならない。
a) 文書化した情報として利用可能な状態にされ、維持される。
b) 組織内に伝達され、理解され、適用される
c) 必要に応じて、関連する利害関係者が入手可能である
※ 濃い青文字は新規で追加になった項目

>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

解 説

ISO9001:2008「5.3 品質方針」に該当。

5.2.2 b) “適用する”が追加されました。「伝達し、理解させるだけでなく、品質方針に沿った行動をさせる」ことを強調したいのでしょう。

品質方針は、組織内にとどまらず、利害関係者にも公表することが必要になりました。会社案内やホームページ等への掲載が一般的なやり方です。

【2017年7月25日 更新】
>>ISO9001:2015 要求事項の解説へ戻る
>>ISO9001:2015 品質マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版品質マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

このページの先頭へ