成功するISO

ISO14001:2015「4.4 環境マネジメントシステム」の解説 【改訂版】

ISO14001:2015 4.4 環境マネジメントシステム

 環境パフォーマンスの向上を含む意図した成果をを達成するため、組織は、この規格の要求事項に従って、必要なプロセス及びそれらの相互作用を含む、環境マネジメントシステムを確立し、実施し、維持し、かつ、継続的に改善しなければならない。

 環境マネジメントシステムを確立し維持するとき、組織は、4.1及び4.2で得た知識を考慮しなければならない。
※ 濃い青文字は新規で追加になった項目

>>ISO14001:2015 環境マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版環境マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

解 説

ISO14001:2004「4.1 一般要求事項」に該当。

“環境パフォーマンスの向上”が明記されるようになりました。環境パフォーマンスを意識したシステムの構築、運用が必要でしょう。

4.1の外部及び内部の課題、4.2の利害関係者とそのニーズ及び期待 を踏まえて、つまり、自社の課題や自社に求められることをしっかり認識して、環境マネジメントシステムを構築することが求められます。取得するだけのISO14001ではいけないということです。

【2016年8月30日 更新】
>>ISO14001:2015 要求事項の解説へ戻る
>>ISO14001:2015 環境マニュアル の事例・見本のご案内
>>超速!2015年版環境マニュアルに変身!2015年版改訂コンサルのご案内

このページの先頭へ